ペットの老後のために

説明書の上の薬

愛するペットのために

犬や猫などの人間のパートナーとなるかわいいペットと生活していると、長く一緒に元気に過ごしてほしいと思いますよね?
現代では医療技術や、飼い主の犬猫に対する知識もあがってきていて、ペットの平均寿命はとても長くなってきています。

そんな中でペットの寿命を終える原因のとなる病気についてはご存知でしょうか?
犬も猫も「がん」が死因トップではありますが犬の場合は死因の2位は心臓疾患、猫の場合は腎臓疾患となっています。
「がん」関しては人間同様に、抗がん剤による化学療法がメインとなりますが、この2位の死因に対してはとても大きな効果の期待できるお薬があります。
それはフォルテコールとよばれているお薬で、犬の心臓疾患、猫の腎臓疾患どちらにも効果があります。
高齢になるとこれらの病気にかかる可能性はとても高くなっているので、そんな時はフォルテコールを飲ませて対処しましょう。

とくに猫の場合は犬の心臓疾患より、腎臓疾患となると可能性はとても高いので気を付けておく必要があります。
早く症状が発覚すればそれだけフォルテコールの効果は高くなります。
症状があらわれる前から定期的な健康診断や、普段の様子に気を付けてすぐ行動に出来るように気を付けておきましょう。

犬の心臓病

犬の心臓病といえば、僧帽弁閉鎖不全症による慢性心不全です。
心臓内にある血流をコントロールする僧帽弁がうまく閉じなくなり、一部の血液が逆流するために、全身に送り出される血液が減少してしまいます。
そうなると心臓は減った血液の分を送り出すために、いつもより過剰に活動して補おうとします。
送り出される血液量はかわらないので直ちに影響はでないのですが、いずれ頑張っていた分だけ無理がたたって心臓に限界がきて、足りない血液をおくることができなくなってしまいます。
その結果、様々な症状が身体にあらわれる、心不全となります。
わかりやすい症状としては、運動が困難になることです。
運動時にはたくさんの血液が必要となるのですが、心不全となってしまうと全身に送る血液を増やすことができないので、疲れやすく、すぐに息切れするようになってしまいます。
また、腎臓も血液中の老廃物を捨てているので、血液が充分な量おくられてこないことにはまともに機能することができません。
このように運動や内臓に影響のある心臓病ですが、放置していると心臓発作によって突然死してしまうリスクが大きくなってしまいます。
そうならないためにも心臓病と診断されたらフォルコールを飲ませつづけて対処するようにしましょう。

猫の腎不全

猫は高齢となると慢性腎不全になるリスクがとても高くなっています。
そのために腎不全の症状について知っておくと、猫の老後の生活の向上や、寿命自体をのばすのに大きな助けとなります。
腎不全とは腎臓機能が低下してしまう病気で、血液中の老廃物などをろ過する機能を持っている、ネフロンという部分が徐々に破壊されていく事によっておこります。
慢性腎不全の場合は長い年月をかけて徐々にネフロンが破壊されていく病気となっています。
ネフロンが破壊されてしまうと、ろ過機能が働かずに老廃物が排出されなくなってしまうので、体内に毒素がたまっていきます。
その結果末期では尿毒症となってしまい、全身に様々な病気が現れ結果としてなくなってしまいます。
この慢性腎不全は破壊されたネフロンは治すができないという特徴をもっています、しかしフォルテコールならその症状の進行を抑えることができます。
そのために早期に発見して、すぐにフォルテコールを飲ませてあげる必要があります。
しかし腎臓は症状が進行してからでないとその症状あらわれないので早期発見はとても難しくなっています。
しかしSDMAというバイオマーカー検査によって以前より早期に発見できるようになっているので、長く猫を飼っている方は一度検査をうけてみることがおすすめです。

注意点は

容器が倒れている

フォルテコールは副作用のすくない安全なお薬ではあります。しかし副作用の知識があるのとないのでは何かあったときの対応に大きな違いが出てきます。参考程度でもいいので一度目を通しておいてください。

[read more...]

注意点は

容器が倒れている

フォルテコールは副作用のすくない安全なお薬ではあります。しかし副作用の知識があるのとないのでは何かあったときの対応に大きな違いが出てきます。参考程度でもいいので一度目を通しておいてください。

[read more...]

popular contents

青いカプセルの画像

「フォルテコールで大切なペットの生活の守ろう!」の情報一覧です。

[read more...]